飯能市850万円バーチャルツアー(物件NO.16802H)

飯能市850万円バーチャルツアー(物件NO.16802H)

鳥の囀りと川の流れが響く、名栗川沿いの昭和民家

飯能市に合併した旧名栗村は、全域が奥武蔵自然公園に指定された山林と清流の美しい村。日本三大人工美林の一つ西川材の主産地として栄えてきた。この物件は県道の西、清流名栗川を渡ったせせらぎの聞こえる川沿いにある。建物は築年数は経つものの、広縁部分を増築し薪ストーブと囲炉裏テーブルを設置。敷地内に山の水が流れる得難い環境で、ここ数年手入れを怠っているが、手を入れたら一変するだろう。南側が農地なので3条許可を目指すことになり、面積要件はクリアできるのでチャレンジして欲しい。水廻り設備はひと通りリフォームが必要なので、都内との週末往来でDIYはどうだろう。バス停へも徒歩1分。