兵庫県宍粟市再生古民家バーチャルツアー(物件NO.16589H)

兵庫県宍粟市再生古民家バーチャルツアー(物件NO.16589H)

ホタル舞う里山に建つ菜園・土蔵のある再生民家

宍粟郡4町が合併して誕生した宍粟市(しそうし)。市の南部を構成する山崎町は市役所や大型スーパー、中国道山崎インターなど因幡街道の玄関口である。物件は中心部から北西へ車で約20分、県道154号線沿いの農村地帯にある再生民家。里山の端で南下がりの高台に建ち、道路より一段高い立地。敷地内には家庭菜園、母屋の裏手には2階建ての土蔵がある。母屋は推定昭和初期、良材をふんだんに使い立派な小屋組が特徴的で、平成14年頃に改修、平成20年に屋根の葺替えと壁を塗装した。吹抜けのリビングには囲炉裏があり、一枚板のダイニングテーブルを含め、居抜きにて引渡しを希望。大阪在住のオーナーが往来利用し、管理状態は良い。甘柿、栗の木、ブルーベリーを育て、川でホタルを見たり、夏は日本海(鳥取)に出るのも楽しい。