埼玉県秩父市古民家バーチャルツアー(物件NO.16896H)

埼玉県秩父市古民家バーチャルツアー(物件NO.16896H)

終着駅・三峰口まで徒歩圏、秩父を代表する文化人の生家

秩父市内より西へ車で約20分、のどかな里山が広がる旧荒川村。物件は三峰口駅の手前の集落の入口に建つ古民家。江戸後期より明治時代を生きた「森玄黄斎」(もり げんこうさい)の生家で、幼少より書画や彫刻に優れ、秩父の生んだ代表的な文化人。その将棋の駒は市指定有形文化財となっている。建物は築年数相応で使用感はあるがきれいに管理され、時代を感じる台所や浴室がリフォームのポイント。敷地内には庭木のほか、タラの芽も多数顔を出している。宅地の前に約140坪の畑、裏側にもちょっとした畑があり無償で借りることができる。小さな地元酒店や三峰口駅までも歩ける距離で車は使用しない暮らしも考えられる。