ブログ

長野◆富士見町/高原の古道・古き史跡で地域を識る【本部スタッフ・ふるさと見聞録】

この記事の投稿者: ふるさと情報館・本部スタッフ

2019年8月4日

山梨韮崎市から北杜市を経て、長野茅野市まで至る県道17号線。生活に密接した主要地方道で、物件見学の際に利用している方は多いはず。正式な路線名は「茅野北杜韮崎線」といい、山梨県でも長野県でも17号線が割当られています。

県道17号線で富士見町を走っていると、沿道にある火の見櫓に看板があり、ここがすでに「小六(ころく)」地区に至ったことに気づきます。ふるさと情報館を通じて「小六」周辺に移住した方は多く、宮崎駿監督の『もののけ姫』の登場人物「小六」は、ここから名付けたと言われています。

さらにこの「小六」という名前、戦国時代にこの地に暮らしていた「岡田小六」がそのルーツとされています。武田の家臣だった岡田小六は、甲斐の国(現在の山梨)に諏訪側の情勢を偵察、耕作のかたわら、石の裏に密書をしたため、武田方の使者に伝えていたそうです。

県道17号線の沿道には「小六石」が現在でも残り、石の裏には手紙を隠した割れ目も確認できます。県道17号はドライブにも最適な道路ですので、富士見町にお越しの際は、是非この石を探してみて下さい。 (本部 星野 努)

 

山梨◆八ヶ岳/第9回やまなし暮らしセミナーに韮崎市が登場【イベントのお知らせ】

この記事の投稿者: 八ヶ岳事務所・中村健二

2014年1月31日

東京・有楽町の認定NPOふるさと回帰支援センター内にある「やまなし暮らし支援センター」では、第9回やまなし暮らしセミナーとして韮崎市が登場。中央本線の特急が停車し、高速道路のインターチェンジもあるなど交通の要衝地です。標高は400mほどで積雪も少な目です。
また、これからの花の時期では田園の中の一本桜「ワニ塚の桜」を始め、雪を抱いた南アルプスと桃源郷が一面広がる様はまさに圧巻です。

2月23日(日)午後1時30分から。東京交通会館6階。お問い合わせはやまなし暮らし支援センターまで 電話03-6273-4306
当日は私も行きます。ぜひ会場でお会いしましょう。

八ヶ岳事務所 中村健二