ブログ

北海道◆小樽/実家での年越し【北の国から・制作スタッフ進行日誌】

この記事の投稿者: 編集

2021年1月5日

新年明けましておめでとうございます。
皆様はお正月をどのようにお過ごしでしょうか?

毎年実家小樽の大みそかはお寿司、海鮮、うま煮、「なると」の半身揚げ、ケーキなどを食べ23:50くらいに年越しそばを食べながら新年を迎えるのが恒例です。その間食べ物はずっと出しっぱなしなので常にお腹が満腹状態。でも目は飽きないのでついつい食べてしまいます。

そんななか必ずと言っていいほど母から次から次へと「みかん食べる?デザート食べる?お菓子あるよ!梅酒あるよ! ワインあるよ!」等々言われるのでお正月の間に太ってしまうのも頷けます。

そして元旦の朝にはお雑煮、夜には海鮮丼や鍋などその年によって違いますがお正月中ずっと食べています。お正月の食事は地方でそれぞれ違うと聞きます。皆様は何を食べられてお正月を迎えられましたか?(本部 井上美穂)

東京◆本部/夏を実感「潮まつり」【北の国発・制作スタッフ進行日誌】

この記事の投稿者: 編集

2020年8月15日

地元の小樽では毎年7月最後の週の金・土・日の3日間小樽最大規模のお祭り「潮まつり」が開催されます。小樽の人口は約11万人ですがこの3日間はどこから人が来たの?と思うほど人であふれかえっています。

港の目の前で出店が出され催しが行われ、2日目の土曜日には「ねりこみ」といって市街地を「おたる潮音頭」「潮おどり唄」を踊りながら練り歩く潮まつりのメインイベントがあります。この2曲を聞くと「潮まつりが始まったなー」と思うのです。

▲ねりこみの様子。

日曜日には花火大会が行われ昨年はお祭り全体で102万人もの人が訪れたそうです。毎年潮まつりを楽しみに帰省していたのですが今年は残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、中止が決定しました。地元にいた頃は潮まつりが終わると夏もそろそろ終わるのか・・・とよく思ったものです。

こういうお祭りがあるのも地方ならではですので都会にはない地方の良さを実感できる行事だと思います。(本部 井上 美穂)

▲昨年のメイン会場近くの看板。

=======================================
おたる潮まつり公式ページ
http://otaru.ushiomatsuri.net/
2020年は中止を決定しましたが、Zoomで潮音頭を配信したりSNSでエピソード募集をしたり、実行委員会の方々が知恵を出し合ってガンパってい様子が見て取れます!