ブログ

東京◆本部/廃村に咲く花 ~アナザースカイ・北海道 ~【本部スタッフ・全国乗り鉄漫遊記】

この記事の投稿者: ふるさと情報館・本部スタッフ

2022年6月30日

▲美深町のトロッコ王国に咲くルピナス。

みなさんは「6月の花」と言えば何を連想されますか?

一般的には紫陽花やラベンダーなどの紫色の花が代表的ですが、個人的に連想してしまう6月の花としてルピナス(別名昇り藤)も挙げられます。

この花は国内では主に北海道で多く見られる花で、紫だけではなく白やピンク、赤などグラデーションがとても美しい花です。原産は北米やヨーロッパなどの外来種で、日本には園芸植物として持ち込まれた経緯があり、冷涼な気候が適していたこともあって、シーズンになると道内の至る所で見ることが出来ます。

ところがルピナスは山奥の無人地帯でも見られ、園芸植物にしては不自然な場所に咲いていることも多々あります。実はそのような場所でもかつて集落があり、人々の営みがありました。

北海道も札幌への人口一極集中が問題となっており、以前は林業や炭鉱で賑わった山間部では、今では廃村となり見る影もなくなっている地域がたくさんあります。しかし人々が消えた場所でも未だに咲き続けるルピナス。今となってはルピナスがかつて確かにそこに人が生活していたことを証明する一つの要素となっているのです。(本部 髙橋瑞希)

▲1997年生まれの25歳です。
============================================
はじめまして。この度、ふるさと情報館の一員となりました、髙橋瑞希と申します。私は小さい頃から旅行が趣味で、大型連休の時にはよく公共交通機関を使って日本全国を旅して回っていたことから、もはや日本中至るところに地元のような感覚が出来てしまったほど旅行が大好きです。

また昔から現在に至るまでずっと集合住宅住まいだったことから、いわゆる一軒家というものに憧れがあり、友人や親戚などの家に訪問することが好きだったこともあって、学生時代は建築系の勉強をしていました。そういったことから、自身の地理の知識を活かしながら一戸建て住宅に関わる仕事がしたいと思い転職活動をしたところ、唯一自分の本当にやりたかった仕事が叶う「ふるさと情報館」の求人募集を見つけ、この度ご縁がありまして入社しました。

社内最年少ということもありまだまだ社会経験も未熟者な私ですが、全国各地への土地勘を活かして、お客様のご希望に沿った最適なご提案を出来ればと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
============================================

本部◆東京/自由に旅行ができるようになったら【本部スタッフ・日々の暮らしより】

この記事の投稿者: ふるさと情報館・本部スタッフ

2021年10月24日

昨年に続いて、コロナがニュースの主役の日々が続いています。

オリンピック・パラリンピックも開催され、大きな話題になりましたが、思いっきりお祭り気分!にはなれませんでした。

旅行など、移動を伴う行動にいろいろと制限をかけられた昨今、少し前の事ですが、東京駅で「ご当地インスタントラーメンフェア」を見かけました。

【グランスタ東京】期間限定ショップ「ご当地インスタントラーメンフェア」
https://www.gransta.jp/news/info/gotoutiinsutantoramenfea/

普段は成田や羽田空港で販売している品や、「うにラーメン」等、各地の名産品を使ったラーメン。ご当地のゆるキャラ?や、キリンやパンダ等動物がデザイン化されパッケージに印刷されているものなど、珍しくてきれいで、楽しく見て回りました。

インスタントラーメンですので、お高めなものでもそれなりの値段で手を出せないという程ではありませんでした。

あらためて、自由に旅行ができるようになったら、いろんな場所に行きたいな、と思いました。

その時は、私たちもイベントなど盛り沢山に企画して皆さまをご案内したいと思っています。(本部 杉田 玲子)