ブログ

山梨◆北杜市/スーパームーン&ブルームーンに皆既月食【ゆるり☆星空散歩】

この記事の投稿者: 八ヶ岳事務所スタッフ

2018年3月29日

星が一番きれいに見える季節は、空気が澄んで晴天率がよい冬。この冬は「お月さま」関係のいろいろと楽しみな天文現象があり、晩秋ごろからワクワクしていました。2017年はスーパームーンこそなかったのですが、一年で一番大きな満月だったのは12月の満月。年が明けてすぐに、スーパームーン&ブルームーン。天気がイマイチの中、見える場所まで移動しながらの観測もまた楽しく、まぶしいくらいの月が顔を出してくれると「おぉ~」と感動もひとしおです。

そしてそして、ブルームーン2はなんと1月31日の皆既月食で、月食のすべてをみることが出来る好条件。食が始まると月光が少しずつ弱くなり、星がひとつまたひとつと見えてきます。ブルームーンがレッドムーンになると、より煌めく冬の星座たち・・・。とても幻想的な風景で、満ち足りた気持ちになりました。

やがて皆既食が終わり、月の光が戻ってくるにつれ、暗い星から見えなくなっていきました。いつも眺めている天窓から見た皆既月食、忘れられない大切な思い出になりました☆(八ヶ岳事務所 安江 美香)

福島◆某所/魅惑の赤い月~徐々に暗くなる空と満月【地域担当・出張旅ガラス】

この記事の投稿者: ふるさと情報館・本部スタッフ

2018年3月9日

そのただごとではない凄い月を見たのは、1月31日、福島県某所を車で移動していた時。夕暮れに東の空を見ると、ちょうど月が出始めた時でした。晴れてると月と太陽の両方が見られるのだなァ、とぼんやり見ていると、それが妙に赤っぽくて大きいものであることがだんだん気になってきました。

「月の出と日の出って、よく似ているのかな」と思っていると、今度はカーラジオからしきりにスーパームーンだのブルームーンだのといった話題が。良く聞いてみると、今夜は「皆既月食」の見られる日だと言っています。赤い色は、地球の大気を通った太陽光が月を照らすからとか。その間も車窓から徐々に暗くなる空に見え続ける月が気になり、とうとう車を停めて撮ったのがこの写真です。

その夜、皆既月食の時間帯は曇りの予報でしたが、夜10時ころ、幸運にもはっきりとみることができました。ただしその画像は私の小型カメラではきれいに撮ることはできませんでしたが。(本部 山中 準一)