ブログ

東京◆本部/地方への可能性【北の国から・制作スタッフ進行日誌】

この記事の投稿者: 編集

2021年4月25日

昨年2020年にノーベル化学賞を受賞したのはゲノム編集の新たな手法「CRISPR Cas 9」を発表した女性2人である。「クリスパー・キャスナイン」とは簡単にいうと遺伝子を切ったり貼ったりできる技術のことである。この技術を使うと、生まれてくる子供に特定の遺伝子を付与できるのでデザイナーズベビーや絶滅した動物を作ることも可能になる。

一番注目されているのは例えば肝臓が弱い人がいるとして、豚等の動物に人間の肝臓を作り、肝臓を取り換えることも可能になるそうだ。ここで問題になるのは臓器をとるためだけに豚を作るのは倫理的にどうなのか?豚にならなんでもしてもいいのか?という問題である。

またこれをすることによって不老不死にはならないが老化のコントロールをできるので、この技術をどこかの国が使用すると危険が伴うという懸念があるので全世界がやらなければいけなくなるそうだ。まさに「神の領域」の技術になる。とてもすごい反面恐ろしさすら感じる。

移住相談員をしていた時には定年退職後の移住では、あまりにも病院が遠くにある場合、症状悪化などの危険があるため移住予定先の病院の距離を確認してもらっていたが、この技術が広まるとそれもあまり関係なくなり、都心への通院もなくなれば移住の心配もなくなる。そのため今よりも地方移住をする人が増える可能性があるのではないか?とふと思った次第である。(本部 井上美穂)